この物語はフィクションです。
実在の人物、団体等は一切関係ありません。



作品中一部、飲酒、喫煙等に関する表記がありますが、未成年者の飲酒喫煙等は法律で禁止されています。





















ソファーでゆっくりしてると、娘が側に来て僕に聞いて来た。



『智輝! どうやって瑞希と出会ったの?』




『話せば長いからな・・・・・・』




『瑞希が、智輝に聞きなさいって言ったよ?』




『そうなのか?』




『うん!』



すると息子も側に来て座る。



『俺も父さんから聞きたい』




僕は考えていた。
すると瑞希が側に来て僕の側に座る。
2人に話すように瑞希は言うと、僕をジッと見て居た。
僕は娘と息子を見て話し始めた。

あらすじ

人は何かに魅了され、囚われて、助けられ、生きていく。
友達


人の死
音楽
お金
好きな人
過去
そして・・・・・・。
愛する人。
人はこの言葉に関係する事に魅了され生きていく。
幸せはそうして出来て行く。
その中でも愛の前に恋が来る。
恋は深くて悲しく辛いもの。
恋を乗り越えた先に、見えてくる真実の愛。
慰め合い、助け合い、そして愛し愛されて、何かを見付ける。
そう僕のように・・・・・・。

この作品のキーワード
同棲  恋愛  幼馴染    友情  イジメ  事故  特殊な力  真実の愛  溺愛