私のパパはイケメンだ。
小さい頃からパパの友人のイケメンたちに囲まれて可愛がられ、私の目はかなりこえて育ってしまった。
おかげでなかなか運命の人に出会えない…。

  坂口杏(さかぐちあん)27歳
 
       ×

  晒名颯馬(さらしなそうま)23歳

「俺はずっと杏しか目に入ってない。いい加減にあきらめて俺のものになれよ」

「私は年上のイケメンがいいの!
年下のイケメンには興味ないの!」


「ふーん、、、、俺のことイケメンだって思ってるんだ。年下だけど杏をたくさん甘やかせるのは俺以外にいないよ」

泣き虫であまったれな弟みたいだった年下の幼馴染みが甘く、積極的に迫ってきた。
彼の甘い言葉と甘い香りに…くらくらしそう…。


*K大学病院シリーズ、坂口先生の娘の杏ちゃんと晒名先生の双子の息子颯馬くんが大人になった恋愛話です。これだけでも楽しんでいただけると思います。

この作品のキーワード
イケメン  年下  溺愛