栗原美織(クリハラ ミオリ) は大手デザイン会社、四商デザインテック勤務。営業部でアシスタントを務める26歳。
夢は、クライアントのインテリアコーディネートを任されること。

インテリアコーディネーターの資格を取り、努力を重ねてきたけれど、現実は男性営業の雑用に使われてばかり。
ある日、意気消沈してひとりエレベーターで不意に涙をこぼしたところへ、偶然乗り込んできたのはデザイン部のチーフディレクター、佐倉圭介(サクラ ケイスケ) 、29歳。

茫然自失状態の美織の手を引いて、エレベーターから連れ出す彼。

二人が向かう先は———

この作品のキーワード
オフィス  デザイン  エリート