あの一件から、半月、体調もよくなり退院することになった。

娘は大きくなっていた。

「ママだよーわかる?」

「キャーキャーま、、ま」
なんとなく言葉もでてるし、成長に驚いていた。


家に戻りソファーに寄りかかる。

「ななちゃん。ココアどーぞ。疲れたろ?」


入院して、久しぶりに外にでて長く歩いた。
ちょっとの距離なのにしんどかった。

「いきなり家事はいいからな。お母さんに手伝ってもらうから。まずはしっかり直そうな。」