確かに消したはずなのに。

ー ふと感じた違和感。
何気ない日常に忍び寄る怪異 ー

あらすじ

消したはずの部屋の明かりが点いている。
確かにスウィッチを押して消したはずなんだが。
気のせいかもしれない。しかし何度もそんなことがある。

そしてある日。
仕事から帰宅し、また、トイレの照明が付けっ放しになっているに気付いた。ドアを開けようとしたが中から鍵が掛かっている。

わたし以外、誰もいないはずなのに。

目次

この作品のキーワード
ホラー    部屋  明かり  夫婦    短編