おあとがよろしいようで

あらすじ

【問】
「出るんだよ」とふるえる声で友人は電話してきた。「何が出るんだ」と返すも、「早く、早く来てくれ!」と気が動転している友人。仕方なく友人のアパートへと向かい、鍵の開いたドアを押し開ける。……と、そこで見たものとは?

各エピソードで司会者や落語家たちが一部変わりますが(時空を超えてしまった表現がございますが)楽しんで頂けたら、作家冥利に尽きます。

この作品のキーワード
ホラー  短編  ホラー大喜利