そんな濃密でむせかえるような甘い朝を楽しんだふたりは、出社するのがすっかりギリギリの時間になってしまった。

 小走りで本社ビルに向かいながらお互いに文句を言う。

「もう、だから止めてって言ったのに」

「最初は日菜子も乗り気だっただろ」

「……っもう、そういうこと言わないで」

 否定できないぶん、諸手をあげて怒ることもできない。

「日菜子がかわいいのが悪いんだ」

「え? わたしのせいなの?」

 仕掛けてきたのは拓海の方なのに、あまりにも理不尽だ。

 思わず足を止めた日菜子の顔を見て、拓海が笑う。

「仕方ないだろ。それだけお前のことが好きなんだ」

 歯を見せて笑う拓海の言葉は本気かどうかわからない。けれど日菜子をドキドキさせるには十分で。

「もう……ずるい」

 小さな声でつぶやいた。

「ん? なんか言ったか?」

「ううん。何でもない」

 首を振る日菜子の背中を拓海がぽんと叩く。

「ほら、ふたりして遅れたらそれこそ社内の噂の的だぞ」

「それは困る!」

 急に走り出した日菜子を、拓海は笑いながら追いかけた。