第二章


 画面に向かって図面にミリ単位の変更を加えていく。画面を切り替えて、指示通り漏れがないか確認しながら進める。

 納期のある仕事がほとんどで、素早く正確にすることがなによりも求められる。

(わかってる、わかってるけど……この量ってば、どういうこと!?)

 拓海のアシスタントになって、一週間と少し。

 これまでもそれなりの仕事をこなしてきた日菜子だったが、拓海のアシスタントになって目の回るような忙しさを送っていた。

 彼の仕事は卓越したセンスに加え、そつなく抜かりない。一言で言えばすばらしい仕事ぶりだ。

 だがそれ故、日菜子に対しての要求のレベルも高い。そのうえ期待のホープと言われるだけあって、仕事量がすさまじいのだ。

 日菜子は、それに応えるべく身を粉にして働く日々を過ごしていた。

(でも……やっぱりすごいんだよねぇ)

 拓海の描く設計図は、非常に魅力的だった。顧客の意図を汲むことはもちろんのこと、使いやすさとデザイン性を兼ねそなえている。

 何人かのアシスタントをやってきて、図面も毎日たくさん見ている。それでも「美しい図面」だと思えたのは拓海のがはじめてだった。

(でもまぁ、それとこの忙しさとは別の話だけどね)

「コホッ、コホッ」

 今朝から咳が出ている。今日は早く帰ってゆっくりしたい。

「松風さん、大丈夫かい?」

「あ、西野(にしの)主任。お疲れ様です。すみません、ご心配いただいて」

 一課のエースが拓海ならば、二課のエースはこの西野だ。日菜子達の三年先輩、拓海同様、社外のデザイン賞も授賞している。

 落ち着いた雰囲気のイケメンだ。柔らかい物腰と爽やかな笑顔で、社内でもなかなか人気の男性だ。ちなみに日菜子も彼には好感を持っていた。

「先日急ぎで手伝ったもらった仕事、おかげで間に合ったよ。ありがとう」

 本来ならば本人か担当アシスタントが行うのだが、急ぎの場合は他の人の仕事を手伝うこともある。しかしみんな手一杯の仕事を抱えているので、あまり引き受けたがらないのが現状だ。

 しかし困っている彼をほうっておけずに、手を貸したのだ。

「いえ、よかったです。わたしでもお役に立てて」

「いや、お役に立ててなんてレベルじゃないよ。松風さん、本当に仕事が早くて正確だね。また手伝って欲しいな」

「はい……まぁ、今はとてもそんな余裕はないんですけど」

「そうか、たしか担当が一課に変わって、今は南沢の担当になったんだったな」

「はい」

 苦笑いを浮かべると、何かと察してくれたようだ。

「大変だろうけれど、頑張って。いや、南沢がうらやましいよ」

 社交辞令だとわかっているが、仕事が出来る西野に褒められるとうれしい。控えめな笑顔を浮かべて「ありがとうございます」と伝えた。

 西野が仕事に戻ると入れ替わりに、拓海がやってきた。