高校1年の春

最初は、彼のことが大ッキライだった。

いつも周りに可愛い女の子に囲まれていつも愛想振りまいてヘラヘラしていて、私とは真逆でキラキラしていた。

幼い頃から、両親に姉と比べられていつからか、
両親から愛されたことなんてもうなくて。
家に帰ると、いつも母は軽蔑をした目で私を見てくる。

姉は、誰にも優しくて可愛くて私とは全然違くて

いつからだろう……家族といるのが苦痛になったのは

誰かにこんなにも、必要とされたのは初めてでどうしたらいいのかわからなくてあなたを目で追うようになって好きだと気づいてから、あなたを避けるようになってどうしていいかわからなくて
諦めることなんかできなくて

大学一年の春に再会した彼に告白をされて涙が止まらなかった。



瀬戸 星愛 せと きらら

心を閉して、家族が嫌い

一ノ宮 涼太 いちのみや りょうた

バスケ部のエースでモテる

この作品のキーワード
チャラ男  イケメン  両片思い  美少女  同級生  バスケ部  姉妹  差別