初投稿です
 深夜のノリで書きました。だって明日学校行きたくないんだもん 
 まあどっちにしろいかなきゃならんのだけどもね

 勢いだから特に意味はないよ。強いて言うなら描写の練習用かな?

あらすじ

 男は波が砂を攫う音を聞きながら、迷っていた。

目次

この作品のキーワード
死別  純愛  短編  初投稿