〔お断り〕これは【実用】エッセイではありません。【純】エッセイです。ジャンルに実用エッセイとしかなかったのでそこに振った次第です。悪しからず。

 題名を「エッセイのプロムナード」と付けました。河畔を散歩するようにエッセイのプロムナードを歩いていただきたく、そう命名したのです。歩く河畔がさくらの時期であったなら、川面には散ったさくらの花々が流れているやも知れません。その行く(あるいは逝く?)花々を人生を流れ行く無数の人々の姿と見るならば、その一枚一枚の花びらにはきっとそれぞれの氏・素性や、個性と生き方がある(あるいはあった)ことでしょう。この河畔があたかも彼岸ででもあるかのように、おおらかで、充たされた気持ちで行くならば、その無数の花々の「斯く生きた」というそれぞれの言挙げが、ひとつのオームとなって聞こえて来るような気さえします。この仏教の悟りの表出と云われる聖音の域まで至れるような、心の底からの花片の声を、その思考や生き様を綴って行きたいと思います。どうぞこのプロムナードを時に訪れ、歩いてみてください…。
※「オーム」とは:ヘルマン・ヘッセ著「シッダールタ」のラストにその何たるかがよく描かれています。

あらすじ

文学作品への感想を二題と私自身の恥さらしな(?)エッセイを二編掲載してあります。それぞれお読み頂ければきっとご堪能してもらえるものと自負しています。さあ、奥様方(男性もどうぞ)、エッセイのプロムナードをお歩きください…。

この作品のキーワード
エッセイ集  文学散歩道