☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「フェデリカ…仕置きだ。
お前を愛おしく思う男の前で
他の男の名を口にすると
どういうことになるのか…
身をもってわからせてやる…。」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もう会うこともないと
諦めたはずの愛しい人が
目の前に現れた。

この国の最高権力者、皇帝として…。

幼い頃、錆びれた神殿で出会った
孤児のフェデリカと、
謎の青年ヴィンセント。

二人は拙い逢瀬を重ね、
やがて惹かれ合い将来を誓い合う。

けれど二人の恋は大きな
運命の波に飲み込まれ、
引き裂かれる…。

フェデリカは実の父親に
引きとられ人質のように
皇帝の後宮へ送りこまれたのだ。

愛する人との約束を
守れなかったことに絶望する
フェデリカの前に現れた皇帝は、
あの将来を約束した
ヴィンセントで…?

この作品のキーワード
皇帝  幼なじみ  初恋  後宮  純愛  ヒストリカル  異世界  一途な恋  胸キュン  溺愛