「いつもふざけてて、











いつも周りを笑わせていて。











けど、試合では真面目になって。











かっこよくて、













それでもかわいくって、




















…………先輩。

















マネージャーって平等に部員を支えなきゃいけないんですよ。






















…でも、そんな笑顔でこっち見るから、





















その声で話すから、




















………先輩のこと好きになっちゃいました。















マネージャーの私ですが、






















先輩のこと、想っててもいいですか?
























先輩。







































大好きです。」























…………なんて、言えたらなぁ。




















甘い微炭酸のような、私の初恋。



















お味はいかが?




この作品のキーワード
サッカー  学園  年の差  ドキドキ  青春  純愛  恋愛  高校  マネージャー  先輩