アタシは、あの日を境にしてタメルランとはそれっきりになってしまいました。

タメルランと別れた翌日のことであった…

アタシがバイトをしているフライドチキン屋さんにお客さまが来ていた…

アタシがバイトをしていた時に、店のチーフから『従業員口に、年輩の男性の方がアリョーナさんに会いにきている。』と言われたので、何事かと思って店の従業員口に行ってみた…

この時、店の従業員口にタメルランの父親と幼いきょうだいたちが来ていた…

タメルランの父親は、アタシにタメルランは来ていなかったかどうかをたずねていた…

けれど、アタシはタメルランのことは知らないと言い返した…

そしたら、タメルランの父親がアタシに多少あつかましい声でこう言ってきた…

「アリョーナさん!!本当にタメルランがどこへ行ったのか知らないのですか!?うちの子は今とても困っているのだよ!!」
「だからなんだと言いたいのかしら!!あんたたちは一体何を困っていると言いたいのかしら!!アタシは、タメルランとはとっくの昔に別れたのよ!!タメルランがどこで何をしているかをアタシに聞いても知らないものは知らないわよ!!」

アタシは、タメルランが1月7日にハバロフスクのホテルの結婚式場で起こったもめごとのことを話した…

その際に、タメルランが口にしていた新婦さんの名前をあげた…

しかし、タメルランの父親は『ワシはそんな女なんか知らない!!』と言い放ったあと、アタシにこう言うてた…

「ナタリアと言う女性のことなど、ワシは知らんぞ!?」
「ええ?ご存じじゃないのですか?タメルランはアタシにナタリアともう一度やり直したいから、新婦の控え室に行ったというてたけど…」
「あんた、タメルランの言ってたことをうのみにしてるようだな!!」
「えっ?」
「あれは、タメルランの狂言なんだぞ!!」
「ちょっ、ちょっと待ってよ!!タメルランはナタリアさんのことを愛していたって言ってたのよ!!」
「アリョーナさん!!あんたはタメルランのことをよく知らないようだな!!」
「どういう意味なのかしら!!」
「タメルランはな、見境がつかなくなってしまったら異性とのゴタゴタを起こしてしまうタイプなのだよ!!わしらは、ナタリアさんと新郎さんの家にあやまりに行ったけど、許してくれなかった!!ナタリアさんはひどく傷ついていたぞ!!ナタリアさんの両親がご立腹になっていたその上に、新郎さんは、ショックで職場を無断欠勤してしまった…そしてきのう、クビになってしまったのだぞ!!…タメルランのせいで、新郎さんかたの家のご親族のみなさまに次々とふこうごとが起こってしまったのだぞ!!」

タメルランの父親は、すごくおかんむりになっていたので、もしかしたらタメルランは…とアタシは思っていた…

「アリョーナさん!!もしタメルランを見かけたらすぐにワシに知らせてくれ!!タメルランのことは、ワシは…もうかばうことはできない!!」

タメルランの父親は、アタシに言いたいことを言うたあと、その場から立ち去った…

午後3時頃のことであった…

バイトを終えたアタシは、ウォーターフロントにあるクリストファー・コロンブス・ウォーターフロント公園へ立ち寄りました。

アタシは、公園のベンチにこしかけてゆっくりと考えごとをしていた…

もしかしたら…

タメルランは…

思い違いをして…

新婦さんの控え室に強引に入って行ったと言うわけなのかしら?

ううん、違うわ…

でも…

違う違わないに関係なく…

タメルランは、女がらみのもめ事をたくさん起こしていることはたしかだわ…

結婚披露宴場で起こしたもめ事では、新婦さんがタメルランの子供を身ごもっていたと聞いたし…

パリで再会した日の夜は…

アタシをベッドに無理やり寝かせて、衣服を脱がして…

下の部分に無理やり棒を押しこめて、アタシを犯して、からだをグチョグチョに汚した…

タメルランは、それ以外にもたくさんの女の人のからだをグチョグチョに傷つけているみたい…

もしかしたら…

アタシの結婚前夜に受けたレイプは…

タメルランががらの悪い男を利用して…

がらの悪い男ふたりにアタシを犯してくれと頼んだに違いないわ!!

許さない…

タメルランのことは絶対に許さない…

今度タメルランをみたら…

仕返ししてやる!!

アタシは、タメルランに対する怒りをさらに増幅させていた…

あとになって聞いた話だけど、ナタリアさんの胎内にいる赤ちゃんの父親は、タメルランの子供でないことが明らかになった…

ナタリアさんの胎内にいる赤ちゃんの父親は、新郎さんの直属の上司であることが分かった…

ナタリアさんと新郎さんの直属の上司とフリン関係があったことを知ってしまった新郎さんは、職場を相手取ってドロ沼の裁判を起こしてしまいました。

次から次へと状況がコロコロと変わって行くばかりだったので、アタシは『だあああああ!!なんなのかしら一体もう!!』と叫んだあと、激怒していた…

もし、タメルランと会ったらアタシは『ふざけるな!!』と怒鳴り散らして、往復ビンタを前回の2~3倍…ううん、128倍喰らわせたいと言う気持ちになっていた…

それと同時に、アタシは男ギライになって行こうとしていた…