現在引きこもり中の一元討児(ひともと とうじ)
狭い部屋で親が運んでくるご飯を食べ、それ以外はネットサーフィンしかしない自堕落な毎日を過ごしていたが、インターネット掲示板のあるスレッドをきっかけに彼は自分の過去を語っていく。

その中心となるのは彼の幼馴染との淡く切ない恋模様。
彼はなぜ引きこもりを始めたのか?その謎は自分語りの中に……

初めて書いた小説です。ネタを思いついてから1日で書き上げましたが、伏線とかも割としっかりしていて面白いと思います。
最初の方が伏線満載なので終わった後に見返してみると面白いと思います。
そこまで長くない作品なので気軽に読んでみてください

あらすじ

一元討児(ひともと とうじ)は引きこもり二年目の26歳。
優しい親のおかげもあり何不自由なく生活をしていた。
そんな彼の唯一と言っていいほどの趣味はネット掲示板
ある日彼はひときわ目を引くスレッドを見つける

引きこもりは半生語れ(15)

彼は自らの半生を語っていく
それは彼の幼馴染との淡く切ない恋模様だった

過去が語られていくにつれ次第に明らかになる彼の過去
なぜ彼は引きこもりとなったのか?

目次

この作品のキーワード
純愛  掲示板  どんでん返し  切ない  狂愛  伏線多し