僕は、彼女を好きじゃなかった。


でも、彼女の言葉が僕を支えていた。



『君の歌は、みんなを惹き付ける』

目次

この作品のキーワード
切ない  別れ