それから二人でいろいろな話をした。
契約の関係の時には話せなかった、たくさんのことを。

「私、啓太さんが契約の話を持ちかけてきた時、静岡で仕事を紹介してもらえることが、本当に魅力的な提案だと思って了承したんです。
でも、一緒にすごしていくうちに、だんだん啓太さんのことが、好きになっていました。
だって、あんなふうに優しくされて、あまやかされていたんですよ。好きになるなっていう方が無理です」

「それはそうだよ。どうしても、美鈴に僕のことを好きになって欲しかったから。本心でそうしてたんだよ」

「私、啓太さんの罠に、まんまと引っかかっちゃったんですね」

「罠だなんて、人聞きが悪い。僕はいつだって、必死だったんだ」
 


本当は幼かったあの頃、啓太さんの演奏を聴いて、王子様のようだって憧れていたと話すと、啓太さんははにかみながら、嬉しそうに微笑んでいた。

「私、今みたいな作り物じゃない、啓太さんそのものの、素の表情が見られることが、すごく嬉しい」

「美鈴にかかると、纏い慣れたよそ行きの自分が剥がれて、簡単にボロを出してしまう。美鈴の横でなら、素の自分を出せるんだ」

その言葉が、何よりも嬉しかった。