休日の昼前、今僕の腕の中には、愛娘の唯がすやすやと眠っている。
少し前に、唯と愛が同時に泣き出し、ミルクをあげていたらそのまま眠ってしまった。

愛の世話をしていた美鈴は、眠ってしまった愛をそっと布団におろし、やりかけだった家事を片付けに行った。
家事はあと少しで終わるから、このまま休んでいてと言われた僕は、双子の顔を見つめながら、美鈴と再会してからのことを思い出していた。

一年以上前、偶然再会した美鈴に、僕は一目で恋をした。
どうしても美鈴を手に入れたくて、婚約者のふりをしてくれるように頼んだ。
婚約者のふりをしながら一緒にいて、これ以上ないっていうぐらい大切にして、とことんあまやかして、僕なしではいられないようにしてしまおうとまで考えていた。
そんな歪んだやり方を選んでしまうほど、僕は美鈴のことを好きになっていた。

美鈴の近くにいて、彼女は無意識のうちにたくさん我慢をしていることに気付いた。
自分の想いを素直に言えない彼女を見ていると、胸が痛んだ。
無邪気な少女だった頃を知っていたせいか、今の美鈴はどこかさみしそうに見えてならなかった。
僕がもっと、本当の彼女らしさを引き出してあげたいと思った。