舞い散る桜、散りゆく桜
春は僕の心を包み込む

桜の下で、桜と同じく散るあなた
春は僕の心をかき乱す

桜散り、桜の木の下願う僕
春は僕の心を暖める


私は、昔にまとめた詩集から顔を上げて、窓から見える桜の木を見つめて呟いた。

「さようなら。愛していました」

この作品のキーワード
恋愛  俳句  短歌    切ない