高校3年生の天橋 楓は物書きになることが夢。

そのことを家族に打ち明けるも認めてもらえず、
家を飛び出して交通事故に遭ってしまう。

そして、目覚めると──。

楓は幽霊になっていた!?

それどころか、同い年の男の子、
加賀見 宙に取り憑いている始末。

成り行きで一緒に過ごすことになったふたり。

そんなある日、宙が家業を継ぐため、天文学者の夢を諦めようとしていることを知った楓は……。

『私が消えるまでに、できること』

それはきっと──。

『きみがきみ自身のために生きられるように、
背中を押すことだ』


消える運命の幽霊と天文学者になりたい彼との
奇跡の恋の物語──。

この作品のキーワード
切ない  純愛    泣ける  感動  幽霊  憑依  同居