また君を愛せるのなら、僕はきみに捧げよう。僕のすべてを


人を愛することは、これほどまでも辛く悲しいことだとは思いもしなかった。
小説家になりたいと願う亜崎達哉。そんな彼の前に現れたのは、同じ大学に通う今村沙織と言う読書好きで、見た目あどけなさを感じさせるさらさらとした黒髪が印象的な綺麗な人だった。
彼女は僕の書いた小説の一番目のファンになってくれた。僕等二人は、あることをきっかけに急接近し恋人同士と言う関係になった。
だが沙織には、僕の知らないある秘密があった。

あらすじ


この作品のキーワード
青春  恋愛  胸キュン  失恋  百合  純文学