私の名前は 春沢 未亜



私は "彼"…古賀の秘密を知る事になる。


秘密…


あの日の彼をどうしても忘れる事がでになかった。



ー私は彼の嘘を信じ続けたー

ずっと


彼は嘘を愛していた


それだけでは終わらなかった。










あらすじ

中学三年生になった

ーある日ー

私の元に、クラスの男子からのLINEが届いた。
「電話しない?」というものだ。
この時何も考えていなかった私はでてしまう。


彼の名前は 古賀大和
ごく普通の中学三年生だ。しかし、彼には誰も知らない秘密があった。


そして私はこの彼の秘密を、クラスのみんなにバラしてしまう

これが全ての始まり。



ーそして彼の嘘とはー

















この作品のキーワード
中学生  二重人格  切ない  偽り  悲しみ  思い込み  殺人