抱えられない気持ちに耐えられなくなったとき
あたしはいつもこの橋にやってくる

そして、この橋の欄干に身体を預けて
川の向こうに広がる山の稜線を目指し
刻々と沈んでいく夕陽を、ひとり眺める

王子様ってほんとにいるんだ、って
思っていたあの頃を、ひとり思い出しながら……

◆・.。*†*。.・◇ 2019 11/4 Début ◇・.。*†*。.・◆
◆・.。*†*。.・◇ 2019 11/10 Fin ◇・.。*†*。.・◆


※ 拙作のおススメ読書順は、プロフから
「♡ Fun! Fan-Mailbox ♡」の表紙をご覧ください

あらすじ

抱えられない気持ちに耐えられなくなったとき、 あたしはいつもこの橋にやってくる。

そして、この橋の欄干に身体を預けて、川の向こうに広がる山の稜線を目指し刻々と沈んでいく夕陽を、ひとり眺める。

王子様ってほんとにいるんだ、って思っていたあの頃を、ひとり思い出しながら……

この作品のキーワード
初恋  純愛  憧れ  失恋  王子様  ほっこり  短編