抱えきれない気持ちに耐えられなくなったとき、あたしはいつもこの橋にやってくる。