「薫の25歳の誕生日 薫を守れ!」

 薫の幼馴染みであり恋人の時雨の部屋には古びた紙に殴り書きで書いてあるメモがあった。
 その言葉の意味を薫も時雨も覚えていなかった。

そして、その25歳の誕生日が今日だった。
0時になった瞬間、2人には異変が起り始めた………。



幼かった頃の記憶。それは忘れたくないけど忘れてしまう。
あやかしの思い出。

その日だけ奇跡が訪れる



薫(かおる) 25才 デザイン関係のOL。整った容姿もふんわりとした雰囲気で昔から男性にモテていた。22才から幼馴染みの時雨と付き合い始める。

時雨(しぐれ) 25才 外資系のエリートサラリーマン。昔から薫に片思いをしていた。22才になりやっと想いを告げて両想いになる。部屋にある昔からのメモが気がかりで心配している


 ノベマ!に掲載するために書いた物語です。突然思い付いたお話で、短編になる予定です。いつもとは雰囲気が違くなると思いますが、恋愛小説になります。不思議で少し切ない心温まるお話です。
☆こちらはゆっくりと更新の予定です。
 

この作品のキーワード
恋愛  切ない  あやかし  幼馴染み  ラブラブ  溺愛