「俺は、杏が大好きだよ」


あたしをここに留まらせてくれる魔法の言葉


「杏様が悲しむくらいなら、私が殺します。あなたのためなら、私は何だってできてしまうのです」


それぞれの気持ちは、複雑に絡み合う

その気持ちは彼女を傷つけるものなのか

それとも救うものなのか



「ただ笑って欲しいだけなのに。いつからこんなに欲張りになってしまったんでしょうか」



思いの強さは時に自らを滅ぼす



「ちょ!なんで鍵閉めたん!?」

「ん?なんとなく?」


近づく距離。その隙間はあとどのくらい?

この作品のキーワード
不良  暴走族  極道  ピュア  純愛  青春  逆ハーレム  天然  過去  溺愛