橘 渉(35) 産婦人科 医師


瀬戸 多香子(32) 産婦人科 助産師


瀬戸 慶輔   産婦人科 医師




ねぇ、慶輔。
あなたが旅立ってから5年。

あなたを愛した気持ちに偽りはなかった。
でも、この心が、この体が、あの時の想いを消せない。

あなたを過去に残して、私が未来に進みだしたら、あなたは・・・



緑風ちこさん
素敵なレビューをいただきありがとうございます。

あらすじ

総合病院の産婦人科で一緒に勤務していた3人。慶輔も渉も多香子が好きだった。
多香子が自分の気持ちを二人に伝えようとしていた時、慶輔が脳腫瘍で余命わずかだと知る。

多香子は慶輔と結婚し、慶輔の最後を看取る。そんな二人をそっと見守っていた渉。

慶輔の死から5年。

3人の儚く悲しい愛が動き出す。

この作品のキーワード
医者  過去  助産師  結婚      一途  優秀  唯一無二  幸せ