「花澤? おーい、花澤」

「えっ、あ、はい」

背筋を伸ばしてハッと我に返れば、ここは会社のオフィスで隣には訝しげに眉を顰めてじっと私を覗き込む加賀美さんの姿。今朝、婚姻届を破いて捨てたことを回想していたら頭がトリップしていたようだ。

「お前、今日一日変だぞ? ってか、ここ最近ずっと変だな。俺の今の話、ちゃんと聞いてたか?」

「……すみません」

加賀美さんが何か話していたけれど、途中で内容が飛んでいる。

こんなことじゃだめだね、しっかりしなきゃ。

「あの、話を続けてくれませんか?」

「だからさ、パティスリー・ハナザワのプロジェクト、契約満了ってことで佐伯店長から話がきてる。長嶺部長からも承認済みだ」

「……そうですか」