フェリシタル王国の名門公爵家、エストレア公爵家の愛娘、モニカには幼い頃から親に決められた婚約者がいた。

その婚約者は王国の第一王子であり、王太子であるアイザイア・フェリシタル。

いつも仲良く過ごし、このまま結婚するのだと信じていたモニカ。

しかし……ある時モニカがとある貴族の令息と楽しそうに話していたことにより、アイザイアの態度は豹変する。

「モニカは俺だけ見ていればいいんだよ。よそ見なんてしたら……俺、そいつを殺しちゃうかもね」

――溺愛の檻に囚われた公爵令嬢は、よそ見なんて許されない。


*小説家になろう、アルファポリスにも掲載中。
*表紙は三日月アルペジオ様よりお借りしたものです。

あらすじ

「モニカは俺だけ見ていればいいんだよ。よそ見なんてしたら……俺、そいつを殺しちゃうかもね」

――溺愛の檻に囚われた公爵令嬢は、よそ見なんて許されない。

この作品のキーワード
溺愛  恋愛  ファンタジー  ヤンデレ  執着