【美しき小国の姫君は、二人の帝国皇子に溺愛されて逃げられない】

バルツァー帝国で人質として暮らすフィーネ・ファイネンは十八歳の美しき姫君。

ある時、人質も招待されるパーティーにて、帝国の第十皇子のフィリベルトに一目惚れされてしまう。

フィーネを真面目に、時に甘く口説いてくるフィリベルトに少しばかり心を揺さぶられるようになった時、フィリベルトの変化を不思議に思った第三皇子、リーンハルトとも出逢って……。しかも、リーンハルトも徐々にフィーネに惹かれていく。

そして、フィーネは二人に心を乱されて……。

フィーネが最終的に選ぶのはヤンデレのフィリベルト? それとも溺愛のリーンハルト?

三角関係のラブファンタジー!

*ムーンライトノベルズ、小説家になろう、アルファポリス、エブリスタにも掲載中。
*表紙はあままつ様よりフリーアイコンをお借りしております。

あらすじ

美しき小国の姫君は、二人の帝国皇子に溺愛されて逃げられない。

この作品のキーワード
溺愛  ルート分岐  ヤンデレ  三角関係  ファンタジー  恋愛  執着