一人になりたかった

誰も私を探せない、遠くの世界へ行きたかった


……生きることを手放した私は

噂の〝列車〟を探しながら歩き出した



死神列車は、記憶ゆき



あらすじ

高校三年生の七海は、クラスメイトを助けたことによりいじめを受けるように。母親にも、引っ越していった親友にも、迷惑をかけたくないからと本当のことを打ち明けられなかった。夏休み中最後の登校日。クラスメイトが仕込んだ紙切れに書いてあったのは、「死神列車に乗車しろ」という文言。日々に限界を感じていた七海は、真夜中、半信半疑で最寄駅を目指す。そして、彼女の見つめる線路のその先に、小さな光が灯った──。

この作品のキーワード
高校生  いじめ  タイムリープ  過去  記憶  列車