「お礼に何が欲しいかって?」

「……はい。
大したことはできませんけど」

「ならば、紗良が欲しい」

「え?」


眉目秀麗な彼の
蠱惑的なその瞳に
捉えられた瞬間

私の心音は加速していき
戸惑いは全身に広がっていく。

それは私の完全陥落を
意味していて

そして今日もそんな私を見て満足げに笑い、
彼はとびきりに甘いキスを落としてくる。


2020.9.16完結

この作品のキーワード
外科医  溺愛  結婚  胸キュン  エリート  秘密