別に、多くを望んだわけじゃないの。


お金も、


容貌も、


程々で良かったの。


皆で幸せになれるのなら、


多くのものなんて要らなかったんだよ。



◆◆◆


御園家の最後の物語になると思います。
恋愛要素は途中から……

『君が笑ってくれるなら 【番外編】』の方にも、顔を出しております。
この物語の途中に挟まるくらいの時代背景です。
そちらにだけ書いているものもありますので、
そちらも覗いてもらえると嬉しいです。



この作品のキーワード
御園    幸せ  両親の死    運命    当主