真実「美海!帰り新しく出来たカフェ行かない?」




美海「行く!」




真実「決まりね!」




それからあっという間に放課後になりカフェに向かった。




美海「うわぁーすごいレトロだね笑」




真実「うん笑でもこういうのいいよね」





美海「うんうん笑」





カランカラン





?「いらっしゃいませ」





美、真(なんか緊張する……)





?「君……」




美海「え?」





?「あ、いやなんでもないよ」




美海「?」





?「好きな席に座って構わないよ笑今はそんなにお客も居ないし」





真実「それじゃあ……」




日差しがちょうど当たるところに真実は座った





美海「ここ落ち着くねなんか笑」





真実「確かに笑」





美海「はい、メニュー表、何にする?」





真実「んん〜」






そんな日常的なことを話しながら自分達の好きなものをたのんだ。私はショートケーキ
真実はチーズケーキを頼んだあとは紅茶




真実「美味しい……チーズケーキだからもうちよっ
と濃いのかと思ってたけどすんなり喉に通
って食べやすい!笑」




美海「このショートケーキはそんなに甘くないか
らこっちもすごく食べやすいよ!笑」





真実「ここ来てよかったね!笑」





美海「うん笑」






すると、さっきの人が話しかけて来た





?「そんなに美味しそうに食べてもらえるとこっ
ちも作りがいがあるよ笑ゆっくりしていっ
てね」




真、美「は、はい/////」




ピリリ〜




真実「あ……笑」




美海「誰?」





真実「彼氏だよ笑」




照れながら私に言った



美海「ええ?!彼氏いつできたの!」


  前の彼氏と別れたって言ってたのに…彼氏できるの早い


真実「しっ!」





美海「?!」






真実「入学式の時幼なじみに笑」





美海「よかったね笑」




真実「うん笑」




美海「彼氏さんはなんて?」




真実「今日部活ないから一緒に帰りたいって、で
も断る今美海とデート中だし笑」





美海「私は大丈夫だから行きなよ!学校違うから余計会いたいでしょ?」





真実「うん笑でも、いいの?」




美海「うん!後で色々聞くから楽しみにしてるよ!」




真実「美海ありがとう!私行ってくるね!笑」





美海「うん!」





真実ちゃんはお金を払い彼氏さんの所に走っていった




真実ちゃん嬉しそうだったな〜笑





私は今日何も予定がないのでここでのんびり過ごすことにした。ちょうど本も持ってきていたので本をだして静かに読んでいると




?「どうぞ」




美海「え?」





?「いちごタルト好きじゃありませんか?」





美海「あ、いや、好きです……けどどうして?頼ん
でませんけど?」





?「新作なんだ食べてみてくれないかな?あと良
ければ感想も笑」




美海「はい!」