《12//22 完結しました。いつもありがとうございます》

▷12/30 番外編1話アップしました。Anoter story (side水樹)

私の趣味は、容姿も性格も美しい店員さんを観察することだった。

店員と客の関係。

ただ、それだけで十分だったのに。

街中が色とりどりに彩られるクリスマスの季節。

この関係に新しい名前が付けられるまで

あともう少し。

(コーヒー好きな常連客 橋本奈央)
      ×
(観察対象の喫茶店店員 桐山水樹)


この物語はフィクションであり、実在するものではありません。また、読者様の気分を害するような誹謗中傷や発言はご遠慮下さいませ。

完結後、驚くほどにPV数が増えており大変驚いておりす。感想などありましたらぜひお聞かせください。泣いて喜びます。

※他小説サイトでも掲載しておりますのでご了承下さい

あらすじ

恋人に別れを告げられた橋本奈央は商店街にある喫茶「ベコニア」のコーヒーに心を奪われた。精神安定剤とも言えるコーヒーを淹れる桐山水樹は恐ろしく美しい青年で、人間観察と称して通うことになる。私だけが取り残されるように時が流れ、いつの間にか街全体はクリスマス一色。後押しされるように2人の距離が一気に縮まっていく。

この作品のキーワード
喫茶店  クリスマス  恋愛  純文学  短編  大人  アラサー  本格派  ほのぼの  完結