ドカッ!
バキッ!
「もう! 私、男嫌いなんだから、むやみに近付かないで」


小さい頃から痴漢やストーカーまがいの被害に遭って来た私は、男の人が大嫌い。


しかも身を守るために極めた護身術のせいで、いつの間にか私はただ男の人が傍に来ただけで反射的に殴り倒そうとするような過剰防衛な体質になってしまっていた。


だから先生(男)もクラスの男子も私から距離をとってくれるのに ……。



「パーソナルスペースは、ちゃんと取ってるよ」
「でも、俺は未花ちゃんに勝手に触ったりとかしないよ?」

そう言いながら笑顔でずうずうしく近付いて来る。
どんなに邪険にしても怒らない。しかも痴漢被害の多い私のボディガードになるだなんて言い出して ……。



男嫌いで容赦なくキックやパンチを繰り出す女の子(糸魚川未花)と、
そんな未花が大好きで仕方がない男の子(秋永浩朗)の凸凹ラブストーリー♡


※抜けてる箇所が見つかりましたので145ペ ージに追加修正しました。
 すみません💦(2020/1/5)

この作品のキーワード
ボディガード  溺愛  学園  無自覚  ストーカー  独占欲  野いちご大賞