「ずっと待ってた」



放課後、立ち入り禁止の屋上にいたのは2年後輩で同じ名前の美少女だった。



「かなたって呼んで下さい。そう呼ばれたいんです」


「んじゃあ、奏太先輩のカノジョに立候補します」



遠慮なくずけずけと懐に入り込み、他人を傷つけることを気にせず、はっきり言いたいことを言う。


そして時にわがままで意味不明。


いつも振り回されてばかりで疲れる。


なのになぜか嫌いになれない。



「私の願い事はただ1つ。私の大好きな奏太先輩が永遠に幸せでありますように」



出会ったのはつい最近なのに、なぜオレのことがそんなに好きなんだ?




2人の運命を繋ぐのは奇跡と運命と存在が疑問視されるいくつものパラレルワールド。


秀才で冷静、だけど優しくてちょっと抜けている主人公


阿部奏太(あべかなた)


×


なぜか奏太のことが大好きで、明るさの中に陰を潜める美少女ヒロイン


辻村夏向(つじむらかなた)



HARUKAシリーズのラストシーンから20年後の世界で紡がれる新たなラブストーリー。


それぞれの選択が導き出す人生の正答とは?



※HARUKAシリーズを読んでいなくても楽しめます

この作品のキーワード
高校生  先輩  美少女  胸キュン  医者  病気  並行世界  運命  三角関係  野いちご大賞