「猿渡くん、なにが違うんですか?」

 ワントーン声を低くして、言葉に重みをもたせながら問いかけると、猿渡があからさまに困った顔をした。いつもならウザいと思える関西弁でベラベラ喋るのに、硬い表情のまま押し黙る。

 妙な沈黙を破ったのは、松本だった。

「へぇ。記憶ないバージョンもそれなりに凄みがあって、いい感じじゃね?」

「松本っちゃん、のんきなこと言ってないで僕を助けて」

 猿渡が天敵の松本に助けを求めるなんて、いがみ合うふたりを見ていたからこそ意外だった。そんなに今の俺のセリフに、怯えさせるなにかがあったというのだろうか。

 考えながら腕の力を入れた瞬間、愛衣さんの柔らかな感触を体で察知したせいで、勢いよく放り出してしまった。

「済まない、病み上がりでいろんなことが追いついてなくて!」

「いえ、大丈夫です。気にしないでください……」

 手荒に放り出してしまったというのに、愛衣さんは笑顔で優しく対応する。マジで女神に見えてしまうくらいに、笑みに神々しさが溢れていた。

(ああ、こうしてずっと、愛衣さんの微笑みを眺めていたい――って違う違う!)

 一旦落ち着くために咳払いをし、あらかじめ考えていたことを口にする。

「副社長にも帰れと言われたので、今日はこのまま帰ります。皆さんすみません! 明日はいつもどおり出勤しますので、留守の間よろしくお願い致します」

 深々と頭を下げたら、誰かが歩み寄ってきた。確認すべく顔を上げると、原尾が心配そうに俺を見上げる。

「須藤課長は、本調子じゃないですヨット。だからヒツジちゃんが一緒に帰ルンバ」

「はい?」

 意味がよくわからなくて首を傾げると、高藤が自分のデスクで頬杖をつきながら説明する。

「須藤課長の体調が途中で悪くなっても困るでしょうから、ヒツジちゃんに同伴してもらって、帰ったらいいですよってことです。僕らにとっても、須藤課長のお体は大切ですからね。それに、明日休まれても困りますし」

「そうやで。頼むからワガママ言わんと、ヒツジちゃんと帰ってや!」

「須藤課長のため、雛川さんが帰ってしまうのは寂しいですが、しょうがないですよね」

 という愛衣さんと帰れコールを、皆にされてしまったのだが、本当に一緒に帰っていいのだろうか――。

「私も心配なので、須藤課長と一緒に帰りたいです」

 可愛らしく目の下を赤く染めて告げられた時点で、断るなんてできるはずもなく、ふたりして有給をとって、仲良く帰ることになってしまったのだった。