木ノ内 紗那(34)  店舗デザイナー

浦山 奏介(34)   イタリアン料理シェフ





12年前・・・・夢をとって別れを選んだ私たち。

それが12年後。お互いに夢をつかもうとしている時に再会する。

もう一度心許すことが怖い紗那。

紗那を不器用に包み込みまっすぐな想いを伝える奏介。



今の私たちには12年前とは違う選択ができるのだろうか・・・

☆アクアミントさんへ
素敵なレビューありがとうございます。これからの更新の励みになりました。
一途な愛。これからもさまざまな作品をお届けできるように頑張りますのでよろしくお願いします。
☆高宮さきさんへ
レビューありがとうございます。いろいろとご自身の経験と重ねてお読みいただけたとのこと。私の作品にであい、気持ちを込めてお読みいただいたことが伝わりとてもうれしいです。ありがとうございます。これからもほかの作品でもお会いできたらうれしいです。よろしくお願いします。
☆みやのもりさんへ
レビューいつもありがとうございます。私の作品、意外と復活愛が多いんです。でも、別れにはそれぞれの理由や原因、想いがある。別れの原因を二人で乗り越えない限り復活はありえない。続かない。難しさがあるからこそ、乗り越えた時の絆は深いものになる。そんなことを考えながらかき上げた作品です。また、ほかの作品でお会いできたらうれしいです。

あらすじ

店舗デザイナーとして売れっ子の木ノ内紗那はある日イタリアン料理で流行している店【GREEN】の新店舗のデザイン依頼を受ける。

完成までは半年。

初めての打ち合わせで再会したのは高校、大学と7年間付き合っていた元カレの浦山奏介だった。お互いに将来の夢に向かい進みだすために分かれた二人が、夢をつかもうとしているタイミングで再会する。

この作品のキーワード
元カレ  再会  シェフ  溺愛  まっすぐな彼  デザイナー  強がりな彼女  もう一度  心の支え  大人の恋