「忍れど 色に出でにけり わが恋は…」


心の中に隠しているが顔色に
表れてしまったなぁ私の恋は。


「物や思ふと 人の問ふまで」


「物思いをしているのですか」と
人が訪ねるほどに。



百人一首…
それは600年間の歌から選んだ百首の名歌。


そしてそれは人々の想いにつられ、
自ら選んだ持ち主へと異能力が生まれる。


政府はその異能者達を集め戦力にしようとしている。


その組織の名は『異能専科団』。


しかし勿論これをよく思わない者もいる。


その者達が集まったのが『政府反乱異能軍』だ。


これは2つの組織の戦いと異能者達を描いた


人間達の物語ー


ーーーーー


誤字あります。


百人一首の意味が間違ってるかもしれません。


ご了承ください。


この作品のキーワード
百人一首    異能力  将棋  チェス  花札