―この世界のどこかに、幻獣の楽園がある―

歩く先々で絵を描き続ける、どこか浮世離れしている少女。

幻獣の楽園を求める、旅の剣士。

死に場所を求めて、旅に着いてくる青年。

これは、幻獣の楽園を探す旅人達の物語。

この作品のキーワード
絵描き  切ない  冒険  恋愛  ほのぼの  時々シリアス