アルント王国の歴史は古く、王国成立の伝説は
今もなお人々に語り継がれている

そこには初代王と共にもうひとり、不思議な女性の存在があった
彼女は「フューリエン」と呼ばれ、人智を超えた力を持ち
左右で異なる色の瞳を持っていたという

時は流れ、国王クラウス・エーデル・ゲオルク・アルントの治世
聡明さと人々を魅了する美貌を併せ持つ彼は
訪問先のノイトラ―レス公国で“彼女”に出会う

「決まっている。妻にする以外になにがある?」

突然、強引に始まった結婚生活
仮初めと思われた蜜月は十分に甘やかで
それぞれの思惑を揺るがせる

これは運命の悪戯か、予定調和か

「お前が手に入るなら、目でも腕でも喜んで差し出してやる。この命さえな」

2020.3.8 表紙公開
2020.3.10~2020.3.20

この作品のキーワード
溺愛  独占欲  執着  結婚  すれ違い  切ない  いちゃいちゃ  じれじれ  愛憎  大団円