冬の足音が近づき、朝晩の吐く息が白く染まる日々が続く中、城では迎冬会が開催されようとしていた。

 各地の領主をはじめとする権力者がこぞって参加し、情報収集の場として、また新しい王になるであろう人物に取り入るため、各々の思惑を腹の中に抱えやってくる。

 会場の華やかさとは真逆の黒い世界。これが上流階級の日常だ。

 レーネは城の尖塔からせわしく行き来する人々をぼんやり見つめていた。彼女もドレスを着ているが露出部分はほぼない。

 深青のベルベット生地のもので、前部分は白地で網掛けになっており装飾はほぼなく地味なものだ。

 けれどこれでいい。自分はあくまでも見守り役だ。仮面を身に纏い左目を髪で隠すのは忘れない。夜の(とばり)が降りるのと同時に会も始まる。

 やっとここまできた。そう遠くない未来、ゲオルクはこの地の新しい王となる。

 すべて目論見通りだ。彼は上に立つ者としての資質も王としての器量も十分に兼ね備えている。

 ところが、どうしてもすっきりしない。レーネは袖を傾け、潜ませておいた短剣を取り出した。カインから手渡されたあの日からずっと肌身離さず持ち歩いている。

 自分の目的を忘れないために。ひんやりとした無機質な感触は、いつもレーネに刃を突き立てているようだった。

 ずっと「まだ」と言い聞かせてきたが、そのときは確実に近づいている。レーネは短剣を再び袖に仕舞い、冷たくなる手に息を吐きかけた。

 今さら怖じ気づいたとでもいうのか。共に過ごしたらそれなりの情も湧く。これくらい折り込みずみだ。

 レーネは首を横に振る。ゲオルクには王として相応しい伴侶を見つけてほしい。賢い彼のことだから選ぶのもきっとそれなりの相手に違いない。

 できれば世継ぎが生まれるところまで見守りたかったが、それは叶いそうもない。レーネはもうすぐ十八になる。どう足掻いてもあと数年の命だ。

 ふと空を見上げれば、丸い月が輝きだしている。

『むしろ月だな。それも闇夜を照らす満月だ』

 ズキズキと胸の奥が痛みだす。あまりにもゲオルクができた人間で傍にいるのか心地よすぎた。それだけだ。