着替えて戻ると、静太も両親もいた。

「すみません。お待たせして」

「あら、いいのよ。じゃあ、私達も帰るから」

ご両親は帰って行った。

「恵、気にするな」

「でも、お母さん」

「あぁ、親同士って思ってたらしいから、断られて拗ねてるだけ」

「ゴメンね。静太」

「謝る必要ねぇから」

「ありがと」