風邪で寝込む最悪な日。


今日は3月14日、ホワイトデー。


親友からの電話で飛び起きた。


「えっ、蒼太先輩がお見舞いに来てくれるって?」


うそっ、どうしょう、大好きな蒼太先輩がホワイトデーのお返しを持って家に来てくれるんだって。


う、嬉しい。でも恥ずかしい。


ドキドキ。


ああ、また熱が上がってきちゃったよ。どうしよ。


胸がいっぱいでパニック寸前の私はとんでもない行動をしてしまって。


それに対して先輩はもっと意外なことを私に。




♡こちらの作品は、来栖璃稀様のホワイトデー企画【ラブキス★フェスタ】に参加させて頂いています♡



目次

この作品のキーワード
ラブキス  ホワイトデー  先輩  イケメン  風邪  甘々  短編  告白  胸キュン