そして一週間後
ピピピピピピ
もう朝か…なんか頭痛いし熱あるかも
家に一人でいるよりはマシだからつらいけど学校行こうかな
そんなことを考えながら、ご飯を食べて学校へ行く
「麗ちゃんおはよー!」
『あっ真優おはよう』
「麗ちゃん大丈夫?顔色悪いよ?無理しないでね」
『大丈夫だよ心配してくれてありがとう』
「うん!何かあったら言ってね?」
『うん!』
そんなに顔色悪かったかな…
気をつけないと!
真優と話していたら学校に着いた