これは1人の村娘と

娘を愛した王子の話。







ある村娘は不思議な娘だった。

白い髪に白い肌、それに似合わぬ赤い瞳。

村では吸血鬼とされ忌み嫌われていた

そんな彼女を愛した1人の王子がいた。





⚠注意⚠

この小説には流血表現、暴力表現があります。

苦手な方はご注意ください。


目次

この作品のキーワード
グロ有  ヤンデレ  狂愛  短編