私にあなたはもったい。

あなたは私にとってキレイすぎるから…

私はどこか感情が欠落しているのかもしれない。
人間は好きだけど恋愛として人を好きになる感覚がわからない。

身体だけの関係のお友達は何人かいる。
私はそれで十分に満足していたのに…

恋を知らないアラサーが初めて恋を知った時・・・

目次

次へ

この作品のキーワード
恋愛  初恋  アラサー