それは喉が渇くような


けれど水を飲んでも満たされはしない






「…満たされない。」



──渇愛の姫




その姫は 愛に 飢えていた。















「愛してくれるなら誰でもいいの。」


彼女は、息を吐くように嘘をつく。













この作品のキーワード
暴走族  総長  喧嘩  不良  最強  愛情  渇愛  過去  監禁  寵愛