【真湖サイド】


夜中の3時くらい勢いよくドアが開けられて、さすがに目覚めてしまった。


目を開けると、だんだん視界が鮮明になってきた。


「…綾乃先輩…?」 


まさかの、入ってきたのは綾乃先輩だった。


2日連続で夜勤なんてあり得なくない??


綾「はぁー…。起きてたの?あんた早く消えてよ!!」